仏オーガニックスーパー大手がレストラン事業に参入

このエントリーをはてなブックマークに追加
セ・デュ・ジャルダンはオーガニック食材で料理を提供する (C)ビオセボン

セ・デュ・ジャルダンはオーガニック食材で料理を提供する (C)ビオセボン

仏オーガニックスーパー大手のビオセボン(本社:パリ市)がレストラン事業に参入した。仏中部のディジョンに続き、2016年12月にパリ郊外の高級住宅地ブローニュに2軒目の100%オーガニックレストラン「セ・デュ・ジャルダン」を開店した。フランスではオーガニックスーパーがレストランを併設する例は珍しい。(羽生 のり子)

「菜園から採れたもの」を意味する「セ・デュ・ジャルダン」は、ビオセボンの店舗に隣接にしている。入り口奥がオープンキッチンで、その前にサンドイッチバーやサラダバーがある。

植物性タンパク、調理した野菜、生野菜、チーズ、ハムなどから好みの材料を3種類入れてもらい、ソースとトッピングを選ぶ。飲み物はスムージーなど。昼食時は日替わりの前菜、主菜、デザートも出す。「食材は隣の店から。すべて自家製料理です」とニコラ・シャイニュン店長は言う。

アレクサンドラ・フェサール・シェフは料理とホテル学の名門校「フェランディ」で学び、プロになって1年目という若いシェフだ。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年1月31日(火)20:52

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑