ドイツCSRアワード、京セラのNGOとの協働を評価

このエントリーをはてなブックマークに追加

京セラドキュメントソリューションズヨーロッパ ラインホルト・シュリアカンプ取締役
京セラドキュメントソリューションズドイツ 環境・製品安全部門スペシャリスト ダニエラ・マチジアクさん

京セラドキュメントソリューションズドイツ(ドイツ・メーアブッシュ)は、「ドイツCSRアワード2017」でNGO・NPOと協働している模範的な企業に与えられる「サステナブルブランド オブ ザ イヤー」を受賞した。ドイツCSRアワードは、CSR活動に貢献した企業に与えられる栄誉ある賞のひとつだ。同社は現地の環境保護団体Deutsche Umwelthilfe(DUH)と30年間パートナーシップを結び、河川再生プロジェクトなどに取り組んできたことが評価された。(オルタナ編集部=松島 香織)

ドイツCSRアワードは2006年に設立、2017年の授賞式は、4月4日にルートヴィヒスブルクで開催された。同賞は、「CSRアワード(ドイツ政府主催)」や「ドイツサステナビリティー賞」と並び、ドイツでCSR活動の貢献を称える三つの賞のうちの一つだ。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年4月25日(火)23:37

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑