レゴ、投資先の自然エネ発電量が消費電力を超す

このエントリーをはてなブックマークに追加

英国リバプール沖アイリッシュ海に5月17日に設置されたバーボバンク洋上風力拡張施設© DONG Energy A/S

レゴグループ(本社デンマーク)は5月17日、投資先である洋上風力発電所2カ所の合計出力が、世界各所にある製品工場、店舗、事務所などでの全消費電力量を超したと発表した。同グループは消費電力量を自然エネで相殺するという目標の達成時期を2020年に設定したが、それより3年早く実現した。

今回の早期目標達成は、投資先のひとつ、英国のバーボバンク洋上風力拡張施設の開設によるところが大きい。同施設のタービンは、他の一般的なものより50メートル以上も高く、258メガワットの出力規模。これは、英国の一般家庭23万軒以上の需要を満たす電力量だ。

2012年より同グループが取り組んでいる、自然エネの投資は、ドイツにある、312メガワット級(ドイツの一般家庭28万5,000軒分の電力量に相当)のボルクムリフグルント1洋上風力発電所も含め、60億デンマーククローネ(約1千億円)に上っている。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年5月28日(日)15:30

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑