吉祥寺の福祉施設雑貨店が、障がい者の働く場に

このエントリーをはてなブックマークに追加

障がいを抱えた方が作った雑貨を集めたセレクトショップ

Sustainablebrands.comから転載] 東京・吉祥寺にある、福祉施設で作られた雑貨専門のセレクトショップ「マジェルカ」(東京・武蔵野)は、8月1日から店舗を障がい者の働く場とする取り組みを始めた。東京都から障がい者就労継続支援事業所として認可を取得し、障がいのある人を雇用する。障がい者が接客することで、彼らが持つ力や可能性、身近な存在であることを示していきたいという。(辻 陽一郎)

マジェルカは障がい者の手仕事品を全国の福祉施設から厳選し販売する専門店だ。食器や文房具、バッグ、アクセサリーなど約300点が並ぶ。吉祥寺のおしゃれな雑貨屋の中でも、あまり売っていないものを売っている店として人気がある。8月以降、最低10人ほどの障害者を雇用する予定で、販売接客や商品管理、webショップ運営、商品企画など業務内容は多岐に渡る。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年8月3日(木)23:09

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑