企業文化は戦略に勝る:バリューとパーパスがカギ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから翻訳・転載] マネジメントの父、ピーター・ドラッカーは「企業文化は戦略に勝る(Culture eats strategy for breakfast)」という有名な言葉を残している。(翻訳・編集:オルタナ編集部=小松 遥香)

「企業文化に重きを置く」という考えに、私は同意する。

あなたの会社の根幹にあるバリューとパーパスは、企業文化の土台だ。企業のバリューに基づいてパーパスを考えるということは、まさに企業文化を定義するということだ。したがって、日々の中で、バリューに基づいた行動をとることや企業のパーパスを実践することが重要になる。

これが成功するブランドをつくることにつながるのだ。

成功するブランドに必要な5つの要素

 

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年8月22日(火)23:38

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑