9/22 セミナー「ESG投資の実態」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ESG投資、スチュワードシップコード、エンゲージメント…最近話題の横文字用語ですが、「投資家から環境の質問をされたことはない」「そもそも個別のヒアリングを受けたことがない」といった声も企業の担当者からは聞こえてきます。実際のところはどうなのか、どう準備しておくべきなのか、そんな疑問を感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そこでSusConでは、三井住友信託銀行でスチュワードシップオフィサーを務められている川添誠司さんをお招きし、実際にどのようなことをされているのか、ざっくばらんにお聞きする機会を設けることにしました。川添さんは、ロンドン動物学協会(ZSL)が開発中の投資家向け企業評価ツール「SPOTT」紙パルプ版にアドバイザーとして参加されており、海外企業の状況にも精通されています。企業の方からの意見も是非聞きたいとのことですので、日ごろの疑問や要望をぶつける絶好のチャンスです。

とは言え、参加者が多い会場ではなかなか発言も難しくなります。そこで、今回のイベントは定員20名の小規模な会合といたしました。お申込みは先着順となりますが、希望者が多い場合は一社一名に調整させていただきますので、あらかじめご了承ください。(企業のご担当者向けですので、投資家側やNGOの方のお申し込みはご遠慮ください。)

開催日時:9月22日(金) 15:30~17:00
開催場所:都内(虎ノ門・新橋エリア 参加者に後日ご案内します)
プログラム
1)トークセッション「スチュワードシップオフィサーに聞くESG投資の実際」(約30分)
三井住友信託銀行スチュワードシップ推進室スチュワードシップオフィサー 川添誠司
略歴&メッセージ
1987年に住友信託銀行(株)に入社。1992年から受託(運用)関係の実務に従事。1995年から2007年まで外国株式のファンドマネジャーを経験しその後商品開発やESG・責投資関連を担当しました。この間海外拠点で大半の会社生活を過ごしニューヨーク・ロンドン・ルクセンブルグ勤務を経て2010年より現職。子供3名の5人家族ですがダイバーシティのない家族構成と家内は嘆いております。ロンドン大学MBA卒、米国証券アナリスト(CFA)。ESG・責任投資に興味を持ったのは、仕事での成功や失敗、身の周りのできごと(テロ、天変地異等々)からです。
聞き手:SusCon代表理事 粟野美佳子

2)質疑応答・ディスカッション(約60分)
参加費:3500円(税込み)*参加確定後にお支払方法をご案内します。
申し込み方法:問い合わせページよりお申し込みください。社名・部署名・肩書もご記入の上、問い合わせ内容欄に「9月22日SusConサロン参加希望」と明記してください。

2017年9月15日(金)11:37

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑