スカンジナビア航空がバイオジェット燃料の導入開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

スカンジナビア航空

Sustainablebrands.comから転載] スカンジナビア航空(SAS、本社スウェーデン)は15日、ノルウェーのベルゲン空港でバイオジェット燃料の導入を開始したと発表した。同空港は8月からバイオジェット燃料を提供しており、供給を受けるのはSASが初。国際民間航空機関(ICAO)では2020年時点でのCO2排出量を基準に定め、それ以降は水準を超える排出量が買取りとなる規制をかけている。バイオジェット燃料の導入は基準のクリアや、業界が掲げる環境目標の達成に不可欠とされる。(オルタナ編集部=沖本 啓一)

バイオジェット燃料は、一般的に食用廃油や生ごみ、たばこ、藻類、木材などの油成分を精製して作られる。米宇宙航空局(NASA)などの研究によると、従来の化石燃料を使用した場合と比べ、バイオジェット燃料を利用した場合には、ジェット機から排出されるCO2量を最大7割削減できる。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年9月23日(土)0:08

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑