エシカルな「鉱物・金属調達」は方針の徹底が課題

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]


エシカルケータイキャンペーンウェブサイト

国内のNGOらで運営するエシカルケータイキャンペーン実行委員会は20日、「エシカルな鉱物・金属調達に関する公開質問状」の結果を発表した。調達における環境・社会への配慮などを調査したもので、メーカーや商社、流通業など146社に聞き36社から回答があった。鉱物・金属の調達方針を策定しているのは34社だが、一次、二次、その先のサプライヤーにまでどれだけ方針を徹底させていくかが今後の課題となる。(辻 陽一郎)

責任ある鉱物調達では特に、「紛争鉱物」に対する方針を掲げる企業が増えている。コンゴ民主共和国や周辺国で採取された紛争鉱物が武装勢力の資金源となっている懸念があるためだ。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2018年3月27日(火)16:22

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑