「オルタナ式英単語術」(5) aka,stem,jolt

オルタナ式英単語術 (相島淑美)
神戸学院大学経営学部准教授

3) jolt
joltは「がたがた揺れる」という意味です。以下の例文はまさに字義通りと言えるでしょう。

Magnitude 4.4 earthquake jolts Tennessee(12月12日)
テネシー州でマグニチュード4.4の地震
https://www.wcnc.com/article/weather/magnitude-44-earthquake-jolts-tennessee-felt-in-charlotte/275-623091000

「激しい揺れ」から比喩的に「衝撃」「動揺」という意味になります。
Nikkei loses 1.9 pct as SoftBank weighs, Huawei arrest jolts chips(12月6日)
日経平均、ソフトバンクが押し下げ1.9%下落。ファーウェイ幹部逮捕ショック

https://www.reuters.com/article/japan-stocks-close/nikkei-loses-1-9-pct-as-softbank-weighs-huawei-arrest-jolts-chips-idUSL4N1YB2HA

そういえば、「今年の漢字」は「震災」の「災」でした。
来る年は、「揺れ」や「ショック」の少ない年となりますよう。ではまた来月お目にかかりましょう。

ページ: 1 2

オルタナ式英単語術 (相島淑美)
神戸学院大学経営学部准教授
日本経済新聞記者、清泉女子大学英文学科教員を経て現職。翻訳家。鈴木淑美名義でJFK伝記など20数冊の訳書がある。 博士(先端マネジメント、関西学院大学)、MBA(関西学院大学)、修士(文学、慶應義塾大学)。文化・文学の視点から日本のマーケティング、SDGs、エシカル消費について研究している。

2018年12月17日(月)13:14

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑