エシカル・ライフは素朴な問いから

三輪 昭子
任意団体)エシカルインスティテュートなごや副代表
このエントリーをはてなブックマークに追加

エシカル・ライフは素朴な問いから――つながる記憶が未来を創る

いきなり「エシカル」という一般には聞きなれない言葉を使ってしまった。おそらく読者の中には、タイトルに入れた「エシカル」という言葉を耳に下経験ある方も、そうではない方も、さまざまなはず。私自身でも、その言葉との出会いは、そんなに昔ではない。けれど、気になる言葉との出会いは、「エシカル:に限定せずともいくつかあったように思う。

「エシカル」は英語でいう「ethical」という単語。日本語に訳すと、「倫理的な」あるいは「道徳的な」ということになる。

続きはこちらから

三輪 昭子
任意団体)エシカルインスティテュートなごや副代表
愛知教育大学大学院修了(教育学修士)。愛知学泉大学現代マネジメント学部准教授を経て、現在は愛知大学の国際問題研究所の客員研究員、名古屋女子大学、名城大学、日本福祉大学、静岡英和学院大学で非常勤講師を兼務。名古屋地区を中心にエシカル消費、SDGsなどの普及、啓発活動を行なっている。NPO法人フェアトレード名古屋ネットワーク(FTNN)理事、東海SDGsプラットフォーム創設メンバー。著書に、『映画で地球を読むー地球市民のための教養講座』黎明書房から2009年発行。2019年5月に新著『身近でできるSDGsエシカル消費』全3巻(さ・え・ら書房)が発行。

2019年8月30日(金)16:42

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑