新田・第一勧業信用組合理事長:わがパーパス㉓

オルタナはこのほど、別冊「72組織 わがパーパス」を発行しました。省庁・自治体・株式会社・非営利組織(大学や病院を含む)など72組織のトップに、パーパス(存在意義)を執筆していただきました。その一部をご紹介します。

■新田 信行・第一勧業信用組合理事長
成長と絆で「幸せのコミュニティ」築く

当組合の経営理念は、「地域とのふれあいを大切にし、皆さまの幸せに貢献いたします。」です。私たちは「組合」であり、その存在目的(コアパーパス)は組合員の幸せです。その前提として、職員もまた幸せでなくてはなりません。

私たちが自らのスローガンを「幸せのコミュニティ」としているのはそのためです。さらに、私たちにとっての価値(コアバリュー)は、関係性資本(リレーションシップキャピタル)と定義しています。

すなわち、当組合の職員・組合員・コミュニティの成長や繁栄、絆を、最も重要な価値と位置付けています。この関係性が充実されることによって、計数や収益は持続的についてくるものだと考えています。

「成長」と「絆」は、「幸せ」の主要な因子でもあります。職員一人ひとりが夢や目標を持ち、自ら、能力も心も成長させていってほしい。また、感謝・親切で利他的な心を持ち、様々な人との絆を深めていってほしい。

これは、「包摂性」という言葉にも繋がるでしょう。このような職員がいることで、当組合は生産性を高め、創造性を生み出します。こうした組織文化を築くために、現在全力で取り組んでいるところです。

世の中は、「行政」(政策金融)と「経済」(株式会社金融)だけでは良くなりません。私たち、協同組織金融機関は、第三の柱である「社会」を支える社会的金融の実践者であり、コミュニティや人と人との繋がり、「公助」「自助」に対する「共助」でもあると認識しています。

…続きは「alterna別冊 72組織 わがパーパス」をご覧ください。

第一勧業信用組合

オルタナ別冊「わがパーパス」
オルタナはこのほど、別冊「72組織 わがパーパス」を発行しました。省庁・自治体・株式会社・非営利組織(大学や病院を含む)など72組織のトップに、パーパス(存在意義)についてインタビューをしました。

2020年4月16日(木)15:00

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑