大川印刷がLIMEXの取り扱いを一時中止

大川印刷(横浜市、大川哲郎社長)はこのほど、TBM社が販売する石灰石ペーパー「LIMEX(ライメックス)」の取り扱いを一時中止にすると発表した。オルタナは4月9日、「LIMEX」を使った一部のレジ袋について、プラスチックが最大成分で、石灰石成分(炭酸カルシウム)を上回り、容器包装リサイクル法違反の恐れがあることを報じていた(オルタナ編集部)

オルタナ編集部の取材に対して大川社長は「紙の代替素材には関心を持っていて、TBM社にはリサイクルの新しい仕組みを構築することを期待していた。オルタナの記事を読み、TBM社に問い合わせているが、正式な回答が出るまでは取り扱いの一時中止を決めた」と話した。

石灰石ペーパーLIMEXの取り扱いの一時中止を発表した大川印刷

石灰石ペーパーLIMEXが「容リ法ただ乗り」の疑い
TBM社、ウェブから「リサイクル負担金」の記述消す

2020年4月17日(金)16:11

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑