「旅人以上、定住未満」が地方創生の鍵

■オルタナ本誌60号 オルタナティブな空間から

長浜の空き家を拠点に商店街の掃除や祭りの手伝いをして暮らすという若者の提案は、「儲からないし続けられない」と懸念されていた

滋賀県の長浜という街で開いたエリアリノベーションのワークショップで、とある発表が印象的だった。長浜に半定住している20代の若者3人組。街の人々が集まる最終プレゼ ンテーションの場で、彼らが問いかけたのはこんな言葉だった。

「なぜ私たちに『いつこっちに移住してくるの?』と二言目には尋ねてくるのですか?定住するのか、しないのか。二者択一を迫ってくる理由がわからないし、問い詰められる事が重荷になっている。このままではこの街が嫌いになりそうだ、本当は好きなのに」

彼らは長浜と大都市の両方に拠点があって、どっちがメインでもサブでもない。両方のバランスがあって自分の暮らしだと思っている。長浜には住みたいけど、ここに「だけ」住めと言われるのは無理だし、その理由もわからないというわけだ。

さらに彼らが街の人々に問い掛けた。

「なぜ『そんなことをしても儲からない』とか『この街でそんな仕事は無理だ』と言うのですか?私たちは儲けようと思ってないし、儲かる必要もない。生計は東京や大阪での仕事で立てているから。長浜では街に住んで、商店街や地元の人と交流し、地域の自然を味わいたいんです」

*この続きは雑誌「オルタナ」60号(第一特集「循環経済(サーキュラーエコノミー)はR(リサイクル)よりもR(リデュース)」、3月30日発売)に掲載しています。

2020年6月5日(金)15:01

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑