「原発」都民投票、署名が法定数を突破

このエントリーをはてなブックマークに追加

法定署名数が集まったとはいえ、都民の関心低下を危惧する声も聞かれる

市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」は2月6日、東京で原子力発電所の賛否を問う住民投票のための条例制定に必要な署名216063筆 を集めたと発表した。これは、法定署名数の214236筆 を1827筆 上回る。

同団体は、都内で昨年12月10日から署名活動を行ってきた。しかし、活動開始当初は、筆数が伸び悩み1月8日の時点では、必要数の3分の1ほどにとどまっていた。

しかし、最近1週間は、平均で1日、約7300筆を獲得。締め切り前の最後の週末となった4日と5日は、二日間で18607筆を集めた。

同団体事務局の担当者は6日、「署名は締め切りの9日まで続ける。大阪で行われた『原発市民投票』の署名では全体の11.2%が無効になった。それを考えると、30万筆を集めるまでは安心できない」と語った。(オルタナ編集部=赤坂祥彦)

 

2012年2月7日(火)6:55

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑