CSR

This tag is associated with 226 posts

2017/06/24

“We are still in” パリ協定離脱宣言に立ち向うアメリカ

[Sustainablebrands.comから翻訳・転載] アメリカにトランプ政権が誕生して約半年が経過した。イスラム圏からの入国禁止をめぐる大統領令の混乱、オバマケア(健康保険制度)の廃止・代替法案プロセスのドタバタ […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/24

WWFジャパン、小売・卸売業の温暖化対策順位を公表

[Sustainablebrands.comから翻訳・転載] 「ライフサイクル全体での排出量把握・開示」など評価されイオンが第1位に 世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)は6月23日、小売・卸売業54社を対象にした […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/21

民間投資が牽引する「破綻都市・デトロイト」の再生

[Sustainablebrands.comから翻訳・転載] G☆Local Eco!第11回  財政破綻都市・デトロイト。アメリカ合衆国ミシガン州に位置し、過去に自動車産業で栄華を極めた街が1兆8千億円の連邦破産法の適 […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/19

京都で7月にソーシャル・イノベーション・サミット

[Sustainablebrands.comから翻訳・転載] 京都市と、京都市ソーシャルイノベーション研究所[SILK]を運営する公益財団法人京都高度技術研究所(京都市下京区中堂寺南町)は、7月28日、同志社大学今出川校 […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/16

仏スーパー、ケージ養鶏卵の販売停止を相次ぎ発表

[Sustainablebrands.comから翻訳・転載] フランスの主なスーパーが、ケージで飼育される鶏の卵の販売を数年以内にやめると相次ぎ発表した。最大手のカルフールは2025年にも販売を中止する。動物愛護団体が2 […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/16

フィンランド、循環経済への取り組みが主流に

[Sustainablebrands.comから翻訳・転載] フィンランドは循環経済の旗手として、国際的な地位を築いている。グローバル企業も参加して、意欲的なプロジェクトが目立つ。特徴は「廃棄物の有効利用」だ。現在、木材 […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/13

タイガービール、絶滅危惧種の野生トラを保護支援へ

[Sustainablebrands.comから翻訳・転載] 「タイガービール」を国際展開するアジア・パシフィック・ブリュワリーズ社(本社・シンガポール)は5月末、世界に3,890頭しか残っていない野生のトラの保護活動で […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/13

仏NPO、不用靴下を新製品に「アップサイクル」

[Sustainablebrands.comから翻訳・転載] フランスで、履けなくなった靴下をパソコンケース・ポーチ・衣類などに再製品化する「アップサイクル事業」が人気だ。テキスタイルの廃棄物を減らせるほか、企業や一般人 […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/13

タイ水産大手、改善求める68万の署名を表彰と勘違い

[Sustainablebrands.comから翻訳・転載] 国際環境NGOグリーンピースが6月2日、持続可能なマグロ調達を求めるキャンペーンの一環として、タイのバンコク市内にある水産大手タイ・ユニオン本社までマグロの衣 […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/09

花王と熊谷市、暑さ対策でプロジェクト発足

 [Sustainablebrands.comから翻訳・転載]花王と埼玉県熊谷市は、6月30日から「きもちいいぞ!熊谷プロジェクト」を開始する。関東平野内陸部に位置する熊谷市は、夏になると高温になりやすく、熱中症予防など […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/07

気候変動は事業リスク、日本企業も対応を―国際NGO

[Sustainablebrands.comから翻訳・転載]パリ協定は、世界の平均気温の上昇を1.5度に抑えることを目標にした。実現には、エネルギー政策の転換や経済システムの見直しが必要になってくる。「350.org」( […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/07

「従業員を第一に考えるブランド」:ビクトリノックス

サステナブル・オフィサーズ 第15回 Interviewee 田中 麻美子 ビクトリノックス・ジャパン社長 Interviewer 森 摂・オルタナ編集長  携帯用ナイフの世界シェア大半を押さえる、スイスの「ビクトリノッ […]...続きを読む »

FEATURE STORIES

2017/06/01

「A4一枚であなたの会社が有名になる方法」出版記念&広報戦略セミナー

5月31日発売した森順子著の「A4一枚であなたの会社が有名になる方法」の出版を記念して、監修者の森編集長をお招きし、これから時代、取材される広報の秘訣とグリーン・オーシャン戦略について学びます。セミナー参加者には書籍をプ […]...続きを読む »

EVENTS

2017/06/01

アキュラホーム、間伐材天板の寄贈数が累計1万枚に

アキュラホーム(東京・新宿)は、国産間伐材で製作した机の天板を2010年から全国の小学校に寄贈、この累計が2017年2月末で11062枚に達した。国内の人工林は間伐されないことで、森林の荒廃など環境に悪影響を与える。同社 […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/01

ワールド、衣料リユース収益を子ども支援活動に寄付

ワールドグループは、不用衣料品を顧客から引き取り、リサイクルにつなげて得た収益を、社会貢献活動をしている子ども関連団体に寄付する「エコロモキャンペーン」の2016年秋冬の収益が6,858,567円になったことを発表した。 […]...続きを読む »

NEWS

2017/06/01

スイス・リーメイ社の有機綿プロジェクトがSDGsに成果

スイスに本拠を置くリーメイ社のオーガニックコットン事業が、国連が定めた「持続可能な開発目標」(SDGs)達成を意識したオペレーションを展開し、大きな成果をあげている。農家が栽培した有機綿を市場価格より高く買い取るだけでな […]...続きを読む »

NEWS

2017/05/31

パリ協定実施へ、米国と6カ国の姿勢分かれる

イタリア・G7首脳会議 イタリア・シチリア島タオルミナで5月26日から2日間開かれた先進7カ国(G7)首脳会議では、パリ協定実施へ向けて、プロセスの見直しを表明している米国を除く6カ国が決意を新たにした。6カ国はクリーン […]...続きを読む »

NEWS

2017/05/28

2つのCMの明暗を分けたものは?

サステナブル・ブランドの作り方 第11回 炎上するCM、しないCM、その違いは? (下) 前半「日本とアメリカの子育てはこんなに違う!?」はこちらから  およそあらゆるビジネスは「問題を解決するために存在している」と言っ […]...続きを読む »

NEWS

2017/05/28

レゴ、投資先の自然エネ発電量が消費電力を超す

レゴグループ(本社デンマーク)は5月17日、投資先である洋上風力発電所2カ所の合計出力が、世界各所にある製品工場、店舗、事務所などでの全消費電力量を超したと発表した。同グループは消費電力量を自然エネで相殺するという目標の […]...続きを読む »

NEWS

2017/05/25

西友が持続可能な漁業目指し「東京湾スズキ漁FIP」

西友は漁業者や国際環境NGOと協力し、持続可能な漁業へ向けた「漁業改善プロジェクト(FIP)」の対象となるスズキの販売を5月から正式に始めた。プロジェクトでは東京湾のスズキ漁が今後も持続できるように、第三者機関の審査や定 […]...続きを読む »

NEWS

Page 1 of 121234... »|
alternaショップ
ページの先頭に戻る↑