CSRリレーコラム(24)

企業のサステナビリティ担当者のリレーコラムです。参加するのは、14社のサステナビリティ/CSR担当者の皆さん。SDGsや脱炭素など、サステナビリティの潮流は高まるばかりです。CSR活動もますます重要になっています。各企業の担当者には、「自社の一押し活動」から日々の悩みなどを書いていただきます。第24弾はリクルートのホットペッパービューティーアカデミーに所属する服部美奈子さんです。

*CSRリレーコラム参加企業一覧

フジテレビジョン
日本航空
セブンアンドアイホールディングス
リクルート
千代田化工建設
リコージャパン
帝人
ゴールドマンサックス証券
三菱地所
メルカリ
ユーグレナ
パナソニックホールディングス
リクシル
アストラゼネカ

「訪問美容」を通じて、ご高齢者に笑顔を

リクルート ホットペッパービューティーアカデミア―は「訪問美容」を広める活動を行う

美容には、人を元気に、笑顔にする力がある。だから、年齢を重ねて外出が困難になった方にも美容を届けたい。そんな想いで、ホットペッパービューティーアカデミーでは2015年に「訪問美容」を広める活動をスタートさせました。

少子高齢化が進む日本では、今後「美容室に行ける元気な方」は減っていきます。一方、美容業界内でもスタッフの働き方改革が求められています。そんな双方の課題・ニーズがマッチするのが「訪問美容」です。

通常、法律上では美容所登録された施設でしか美容サービスを受けることができませんが、介護や育児などが理由で外出できない場合は例外として、出張サービスを受けることができます。

私自身が訪問美容プロジェクトメンバーに任命されたのは、2016年。正直、最初は不安でいっぱいでした。訪問美容の必要性は頭では理解していたものの、リアルな現場のイメージが湧きません。その状況に焦りを感じ、まず取り組んだのは、訪問美容の事業者さんの声を聞くことでした。

最初は取材同行から始め、訪問美容の現場にもお邪魔させていただきました。高齢者の方ご本人だけでなく、ご家族や介護職の方がどれほど喜び、感動を得ているか。そんな実態を知るにつれ、どんどんと訪問美容の魅力に引き込まれていきました。

訪問美容の施術の様子

訪問美容は、美容業界の働き方改革にもつながります。訪問美容のニーズが集中するのは主に平日の昼間なので、子育てや介護をしながら仕事ができたり、土日や夜の時間が自由になったりと、これまでにない働き方が実現できます。そんな訪問美容を広めるために、ホットペッパービューティーアカデミーではさまざまな活動を行ってきました。

今後さらに高齢化が進み、訪問美容のマーケットは拡大していく

訪問美容のノウハウや全国の事例を紹介するWEB記事を連載し、94記事を掲載(※2022年6月時点)。これまでに行ったセミナーは、東京・大阪・名古屋合計で18回、総参加者は856名。また、これから訪問美容を始める方々に伴走する「訪問美容ゼミ」も開催。サロンとは違った課題に一緒に向き合いながら、これまでに3回、3~8カ月かけて計60名のゼミ生をサポートしました。

ゼミ終了後も、卒業生がオンラインで集まり情報交換できる場を提供しています。次なる施策として、動画コンテンツを作成し、2022年6月にリリース開始。

1動画10分以内・今期8本公開予定で、「訪問美容について学びたい」と思ったとき、いつでも、どこでも、何度でも学べる状態を提供しています。2022年9月6日・20日には、オンラインで参加できるWEBセミナーを開催する予定です。

2019年3月に開催したセミナーでの集合写真

これらのコンテンツは、すべて無料で提供しています。なぜそこまでするのか?と聞かれることがよくありますが、美容業界の発展がすなわち私たちの発展にもつながると感じているためです。

「訪問美容師が足りなくて髪が切れない」という声は聞いたことがありませんが、その代わりに聞かれるのは「選択肢が少ない」ということ。

訪問美容をできる事業者が限られていたり、もともと通っていた美容室が訪問美容に対応していなかったりと、ご自身が望まないヘアスタイルになっているケースはまだまだ存在しています。高価格で上質なものから、低価格で気軽なものまで、もっと色んな選択肢があって良いはずです。

年を取らない人間はいません。自分自身や、自分の家族も必ずいつか高齢者になります。

そうなった時に、元気だった時と同じように、色んな選択肢からサロンや美容師を選び、自分らしくいられる世の中であってほしい。そんな未来を創るために、日々活動しています。

*****

リクルートは事業を中心とした企業活動全体で持続可能な社会へ貢献し、持続的な成長を目指すことを経営戦略の一つと定め、全てのステークホルダーとの共栄を目指しています。その他の取り組みについてはこちら