笑顔の写真で途上国にコメ届ける「元気ライス」プロジェクト

このエントリーをはてなブックマークに追加

「元気ライスプロジェクト」のトップページ

車や農・工業用機械の買い取りを行う会宝産業(石川県金沢市)は、発展途上国の自立支援プロジェクトとして「元気ライスプロジェクト」を開始した。

「写真1枚で参加できるボランティア活動」として、パソコンや携帯電話から同プロジェクトのホームページを通じて自分の元気な笑顔の写真を送ると、会宝産業が写真1枚につき1000粒のコメを発展途上国に届ける仕組みだ。

コメを食べて元気になった人たちが農業を始めたり、工場をつくったりして働いて自分たちの国を元気にできることを目指したプロジェクトだ。

同プロジェクトは、「最初の目標は10000人の笑顔を集めて、1000万粒のコメを送ること」と高い目標が掲げ、既に3942人の笑顔がアップされている(11月1日時点)。

このプロジェクトは、会宝産業が進める「元気玉プロジェクト」の一つ。同社では、石川県羽咋郡の宝達志水町で町民と一緒に日本一のコメを目指して日夜勉強しながら、コシヒカリを作り始めている。

減農薬・有機肥料を使用した特別栽培米を契約農家と連携して栽培し、「宝志米」と名づけ、販売もしている。

また、自動車中古部品をもっと世界へ普及していくために、環境理念とその志を一つにする全国の自動車リサイクル業者でNPO法人RUMアライアンスを結成している。

「元気玉プロジェクト」のホームページには、その意図が明かされている。

「自動車をリサイクルするのも、中古部品を販売するのも、農園をつくるのも、これぜんぶ世界中に元気を届けるための仕事です。儲かるからやる、ではない。世界が元気になるからやる。わたしたちは元気をつくる総合元気メーカー」

今後は、宝達志水町にある放棄された牧場を利用して会員制の酪農を考え、牧場でつくった乳製品は会員のもとへ直接届くようにし、農家の収入も安定させ、酪農体験やイベントも催して里山に元気を取り戻したいという。(今一生)

●元気ライスプロジェクト
http://www.kaiho.co.jp/jp/sp/project/project.html
●元気ライスプロジェクトのFacebookページ
http://www.facebook.com/genki.rice

2012年11月6日(火)11:39

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑