即廃炉求め、欧州3国合同反原発デモ

このエントリーをはてなブックマークに追加

欠陥原発の模型を掲げる人たち。周辺では音楽や歌が鳴り響く

ベルギー・ドイツ・オランダ国境地点で6月8日、3カ国から約500人(主催者発表)の反原発デモがあった。ベルギーでは、圧力容器に千単位のひびが見つかった原発2基が昨年夏から停止していたが、5日から再稼動したため、急遽反原発市民が集まった。そのうちの1基はオランダやドイツ国境から近く、即廃炉を求める合同デモは今年1月と3月に続き3度目だ。

各国代表による3カ国語のスピーチや音楽と歌に続き、3カ国が交わる国境地点をぐるりと回ってデモ行進した。直接政府に訴えようと絵葉書が配られ、法的に訴えることも計画中という。

ベルギーの地元テレビ局は、筆者も含めて多くの参加者にインタビューを行い、「袋小路の核エネルギーは過去の技術だ」などの声を、週明けのニュースで報道した。

福島県出身でベルギー在住の女性の夫(ドイツ人)は、「福島でがん患者確認の公式報道があったばかり。もっと多数になる可能性もある。原発は特に慎重に稼動させるべきで、圧力容器のひびが見つかった以上やめるべきだ」と語った。

ページ: 1 2

2013年6月17日(月)17:37

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑