キリン社長「CSVの目的は顧客にとっての価値創造」

もともと磯崎社長がCSVに関心を持ったのは、2010年から12年までキリンビールCSR担当役員などとして「世界経済フォーラム」(ダボス会議)に出席したのがきっかけ。

ネスレ、ユニリーバ、コカコーラ、独流通大手のメトロなど世界トップ企業の経営者がCSVに積極的に取り組んでいることを知り、触発されたという。

キリンビールは2013年1月、キリンビール、キリンビバレッジ、メルシャンの国内飲料系3社の中間持ち株会社であるキリン株式会社を設立した。

その中で、従来のCSR部署をキリン「CSV本部」に名称変更するとともに、本部内にCSV推進部、ブランド戦略部、コーポレートコミュニケーション部を設置した。

このCSV本部という名称は、日本企業で初めて「CSV」の名称を使った事例とされる。命名に当たっては、ポーター教授も後押ししてくれたという。

ページ: 1 2

2013年7月19日(金)16:00

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑