自然エネルギーに特化したECサイト、「エコ」は「低価格」に勝てるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

このような追い風もあるが、課題もある。それは、「エコ」を意識する消費者は、徐々に増えているが、「低価格」の魅力を超すまでには至っていないことだ。「エコ」と「低価格」の購買選択基準の比較では、「エコ」重視が約3割、「低価格」重視が約7割の配分だった。

この現状を打破するためには、自然エネルギーを商品の付加価値として見せる必要がある。大石代表は「購買選択肢にエコを入れている消費者の連携が鍵」と話す。「エコ意識を持った消費者は増えているが、まだまだ全体から見ると少ない。しかし、消費者である彼らがエコ商品の魅力を連携して拡散することで、関心の低かった層にも伝わる」。

さらに「電力までこだわっていることで、独自のストーリーが生まれ、商品の強みになる。電力に対して『行動はしていないが意識している層』は多くいるはず。この層に刺されば、エコ商品の需要は拡大し、新たなエコグッズが生まれる可能性がある」。(大石代表)

第一弾として掲載されている商品は、太陽光発電装置がついたバッグと電力を蓄電する小型バッテリー(容量5000MA)のセットだ。限定50個の販売で、価格は47040円。大石代表は「買えば買うほど、生活が楽しくなり、社会が元気になるECサイトを目指したい」と話す。

「GreenDept」のページ

ページ: 1 2

2013年8月8日(木)16:06

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑