CSR活動を後押しする従業員エンゲージメント――下田屋毅の欧州CSR最前線(33)

下田屋毅
サステイナビジョン代表取締役

在ロンドンCSRコンサルタントの下田屋毅氏

企業のミッション、ビジョンやCSR戦略を遂行する上で、最初の重要なステップは、従業員とのコミュニケーション、エンゲージメントである。これにより企業と従業員の間に相互の信頼を構築することができる。従業員のエンゲージメントを企業のCSR戦略の中心として実施することは、CSRのコミットメントを成功させる重要な役割を果たす。(在ロンドンCSRコンサルタント・下田屋毅)

■従業員エンゲージメントの成功事例

筆者は、2013年9月12、13日と2日間にわたり、ウクライナのキエフで開催された「ビジネスと人権研修」にオブザーバーとして参加する機会を得た。この研修の主催はウクライナ・グローバル・コンパクト・ネットワーク。英国人権コンサルタント会社トゥエンティ・フィフティがコンテンツを提供、ドイツ・グローバル・コンパクト・ネットワークがスポンサーになっているものだ。

キエフでの研修には、アルセロールミッタル社ウクライナ工場のコンプライアンス担当者が参加していた。同社は「国連ビジネスと人権に関する指導原則に則った人権プログラムの推進」において先進企業である。

ページ: 1 2

下田屋毅
サステイナビジョン代表取締役
欧州と日本のCSR/サステナビリティの架け橋となるべく活動を行っている。サステイナビジョン代表取締役。一般社団法人ASSC(アスク)代表理事。一般社団法人日本サステイナブル・レストラン協会代表理事。英国イーストアングリア大学環境科学修士、ランカスター大学MBA。

2013年10月2日(水)13:57

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑