[CSR]IT活用で業務効率を一気に改善、日本マイクロソフトのNPO支援

このエントリーをはてなブックマークに追加

通信環境が整っている徳島県神山町では、Wi-Fiを利用すれば屋外でもクラウドにアクセスして仕事ができる

社会課題の解決に奔走する人々を支えたい――。その思いで、日本マイクロソフトはNPOの業務改善を支援している。持てる技術や経験を惜しみなく注ぎ、活動家たちの組織運営力を強化して、より良い社会の早期実現を目指すCSR活動だ。最先端のITは、組織の業務フローを塗り替え、無駄な書類を一掃し、交通費や時間や場所の大幅な節約を可能にした。さらに、空間を超えて人を結び付け、今までにない連携も創出している。(オルタナ編集委員=瀬戸内千代)

■ オフィスから紙とファクシミリが消えた

業務の電子化を徹底している会社がある。システム開発などを手掛ける社員18人のダンクソフトだ。オフィスにはファクスも書類の山も見当たらず、引き出しの無いデスクにモニターが2台ずつ載っている。

書類はすべてクラウドで共有し、2台のモニターで検索機能やコピー&ペーストを駆使して作業時間を短縮している。ファイル共有は、急な欠勤や長期休暇への対応も容易にし、育児中の社員を働きやすくした。

約2年かけて2008年までにペーパーレスを実現した星野晃一郎代表取締役は、「残る書類は契約書など対外的なものだけ。経費精算や仕入れの支払いなども、手数料無料で24時間送金できるネットバンクを使って、社員が直接オンラインで行っている」と話した。

ITを活用して紙や交通費の無駄を排除すると、時間と資金に余裕が生まれる。「より実質的な業務に集中できる」わけである。

ページ: 1 2 3

2013年11月7日(木)15:17

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑