要追加点検の原発は23基―保安院

このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省原子力安全・保安院は6月14日、国内の商業用原子炉を対象に、昨年度の安全管理の評価結果を発表した。それによると、全体の半数近い23の原子炉で何らかの課題が見つかり、追加の点検が必要と判断された。

対象となったのは、今年3月に大量の点検漏れが発覚した中国電力の島根原発1、2号機を除く全国52ヶ所の発電用原子炉。評価は5段階で行われ、21基が4番目に評価の重い「重要な問題あり」、2基が3番目の「問題あり」との判定を受けた。21基の中にはいずれも東京電力で、微量の放射能漏れを起こした福島第二原発、火災トラブルが続いた柏崎刈羽原発が含まれる。

保安院は今回の結果を「全体としては高いレベルで安全が維持されている」と評価した上で、今後の調査に反映させ、厳格に監督を実施するとしている。

経済産業省プレスリリース

2010年6月17日(木)21:40

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑