編集長コラム)これは、21世紀最強の「経営者本」かも知れない

このエントリーをはてなブックマークに追加

年の瀬も押し迫った昨日、こんな本を読みました。「人に必要とされる会社をつくる」という本です。

筆者の松浦信男さんは、三重県多気町(伊勢市の隣)にある「万協製薬」という製薬会社の社長です。

「どれだけ社会に必要とされる会社になるか」
「社員をいかに大切にできるか」

--がテーマの本ですが、彼がその必要性を身をもって知らされたのは、阪神大震災がきっかけです。

もともと万協製薬は神戸市長田区にありました。阪神大震災で社屋は全壊し、松浦さんはすぐに会社を立て直そうとするのですが、社員も、取引先も、銀行も、それを助けてくれなかったそうです。

なぜ、誰も自分と一緒に頑張ろうとしないのか。誰も手を差し伸べてくれないのか。

それは「この会社が社会に必要とされていなかったから」ということを松浦さんは悟ります。

当時の彼の原動力は、「復讐心」だったといいます。「たとえこのまま野垂れ死にするにせよ、その前に私をこんな目に合わせた世の中に復讐してからでないと、死んでも死に切れないと思ったのである」。

ページ: 1 2

2013年12月29日(日)13:24

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑