カゴメ、売電開始 3月11日発電分は寄付

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレスリリース)
カゴメ 久留米メガソーラー発電所 売電開始
3月11日発電分は「みちのく未来基金」へ寄付

カゴメ株式会社(社長:寺田直行)は、子会社のカゴメ不動産株式会社(社長:蟹江信孝)の運営するカゴメ久留米メガソーラー発電所にて、2月4日(火)より、売電を開始致しました。

カゴメ久留米メガソーラー発電所は、12月に稼働したカゴメ山梨メガソーラー発電所に続き、カゴメグループとして、2番目のメガソーラー発電所になります。カゴメ久留米メガソーラー発電所は、物流拠点の集約により2012年に閉鎖したカゴメ配送センターの跡地を利用しています。2013年7月より、48千平方メートルの土地に、5億円を投じて7320枚のパネルを設置、出力は1200MWhを予定しています。

ゴメグループの太陽光発電事業は、全国3カ所(青森県、山梨県、福岡県)に、2013年6月より、閉鎖している工場や配送センターの跡地を活用して、太陽光パネルを設置し、年間合計で、6,875MWhを発電する計画です。6,875MWhは、一般家庭の消費電力に換算すると、約2000軒分の年間使用量(※1)に相当します。本年9月より稼働予定の青森県での売電が開始されると、計画していた3カ所全てで売電が開始されることになります。なお、発電した電力は全て電力会社に売却し、年間で3カ所合計約2.7億円の売電収入を見込んでいます。


また、本事業においては、東日本大震災が起こった3月11日に合わせて、同日に売電された金額を、20年間に亘り、みちのく未来基金(※2)に寄付する予定です。金額は、1発電所あたり30万円程度の見込みです。

※1 一般家庭の消費電力:年間約3,600 kWh(経済産業省)
※2 「みちのく未来基金」とはカゴメ株式会社、カルビー株式会社、ロート製薬株式会社の3社が、東日本大震災において被災し両親またはどちらかの親を亡くされた子ども達の進学を支援するために設立した奨学基金です。

2014年2月5日(水)0:05

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑