第14回「水俣病記念講演会」

このエントリーをはてなブックマークに追加

リリース)
第14回 水俣病記念講演会 -ともに生きていく

1956年5月1日に発生が報告されて以来半世紀、水俣病は日本が強引に近代化を進める中でひき起こされたために、またあまりに悲惨であったため に、現在もなおこの社会を鋭く問うています。

一方で、現在に至っても新たな患者からの認定申請や医療費給付の申し立てがつづき、被害者の総計は10万人とも20万人とも言われています。

このような中で水俣フォーラムは、水俣病事件の今日的な意味を発見し、その教訓を語り継いでいくために、水俣病発見の日にちなんだ記念講演会を毎 年開催してきました。

東京開催の今回は朝日新聞社との共催で「ともに生きていく」をテーマに、水俣病を通して私たちの社会と自身のありようを考えたいと思います。皆様 のご来場をお待ちしております。

[日時]2014年5月6日(火祝)午後1時~4時40分(12時30分開場)
[会場]有楽町マリオン朝日ホール(772席/全席自由)

[講演]杉本肇(水俣病患者・漁師)/上野千鶴子(家族社会学)/中島岳志
(近代政治思想史)/丸山定巳(地域社会学)
[司会・演奏]大倉正之助(大鼓奏者)
[ライブ]やうちブラザーズ(コミックバンド)

[入場料]一般=当日2200円、前売1600円
      学生=当日1500円、前売1000円
*前売券は水俣フォーラムのほか、コンビニエンスストア各店でもお求めいただけます

[主催]水俣フォーラム・朝日新聞社
[後援]東京都教育委員会・NHK・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ
東京・共同通信社・時事通信社・西日本新聞社・熊本日日新聞社
[問合せ]水俣フォーラム TEL:03-3208-3051

詳細はこちら
http://minamata-kinen.blogspot.jp/

2014年4月4日(金)15:38

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑