9/24締切 日本パートナーシップ大賞のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレスリリース)
第11回日本パートナーシップ大賞のお知らせ ~協働から始まるNPO×企業、新しい価値創造~

「日本パートナーシップ大賞」はNPOと企業の優れたパートナーシップ事例を選出し表彰することにより、NPOと企業の協働が可能であること、会社におけるさまざまな問題を解決する手段のひとつとして有効であることを示し、NPOと企業の協働を中心に、多様な主体による協働を推進することを目的として、2002年に第1回が開催されました。

2003年の第10回までに、企業約600社、NPO約300団体による約300件の協働事例が全国から寄せられ、本事業を通して「NPOと企業の協働」のモデルを提示してきました。

第11回日本パートナーシップ大賞は、そうした積み重ねの上に、新たな体制のもと、「次のステージ」へと歩みを進めることになりました。地域や社会の課題解決を目指して、全国津々浦々まで協働の輪が広がるように、そして持続可能な社会的事業として次代へ引き継がれていくように、皆さまに支えられながら新たに出発いたします。

より多くの皆さまからのご応募、そしてご支援を心からお待ち申し上げております。

2014年8月
日本パートナーシップ大賞運営委員会

■応募期間
2014年9月9日(火)~24日(水)

【審査スケジュール】
一次(書類)審査:2014年10月29日(水) 現地取材調査:2014年11月~12月
二次審査: 2015年1月24日(土)  最終審査&表彰式:2015年2月20日

■対象となる事業
日本に所在するNPO(法人格の有無不問、以下同じ)と企業の協働事業。(左記の協働に行政・大学など多様な主体が関わった協働事業も可)

■応募条件
1.応募の時点で継続中または事業終了後1年以内のもの。自薦または第三者による推薦。ただし、いずれもNPOおよび企業双方の了解が得られていることを条件とします。
*協働事業ごとの応募となりますので、複数の協働事業について、それぞれ応募することも可能です。
*事業所単位の応募も可能です。
2.過去の「パートナーシップ大賞」入賞事業(グランプリ事業含む)を除きます。
3.事例集として作成する刊行物やホームページ等に、協働事業名、NPO名、企業名などを掲載することについて、ご了承いただくことを条件とします。

■応募方法
1.応募用紙をホームページ(http://www.psc.or.jp/award/)からダウンロードしてください、(Word形式になっています)
2.必要事項をご記入の上、応募書類を以下の提出先までEメールにてお送りいただき、応募・審査費(5000円)を指定口座へお振込みください。
*応募書類をEメールでご提出いただいた時点では仮受付となります。
3.応募書類一式(応募書類一覧およびチェック表、応募用紙、添付書類)を2014年9月24日(水)必着で郵送ください。
4.応募書類一式の到着、ならびに応募・審査費入金の確認後、事務局よりEメールにて本受付完了の連絡をいたします。

【提出先Eメール】oubo(a)psc.or.jp
【提出先住所】〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-11-21 サンコート池下2F
特定非営利活動法人パートナーシップ・サポートセンター
第11回日本パートナーシップ大賞 運営事務局 応募係

*応募書類は、所定の応募フォームに収めてください。
*応募書類は必ずWord形式でお送りください。
*応募用紙がダウンロードできない、またはEメールにて送信できない場合はご連絡ください。
*添付書類は「応募書類一覧およびチェック表」をご確認のうえ、郵送してください。
(応募書類にホームページアドレス等の記入のみの場合は添付書類とみなされない場合があります。)
*応募書類、応募・審査費等は一切返却いたしません。

■応募・審査費
応募事業1件につき5000円

【振込み先】
[銀行名] ゆうちょ銀行 [店名] 二一八(読み ニイイチハチ) [店番] 218
[預金種目] 普通預金 [口座番号] 6118995 [口座名義] トクヒ)パートナーシップサポートセンター

*第11回日本パートナーシップ大賞の応募・審査費は、審査に関わる一部費用です。
*応募・審査費は応募辞典で必要となります。応募書類一式、および応募・審査費の入金を確認したうえで、本受付完了といたします。
*振込みの際には、会社名あるいはNPO名を記入してください。
*振込み手数料はご負担願います。

2014年8月16日(土)15:13

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑