社会課題を自分事化し、行動起こす「グローバル・リーダー」とは[大石 俊輔]

このエントリーをはてなブックマークに追加
『社会に貢献する~Youth Philanthoropy in Global Community~』。社会貢献について、国際的に通用する柔軟な考え方を養う

『社会に貢献する~Youth Philanthoropy in Global Community~』。社会貢献について、国際的に通用する柔軟な考え方を養う

グローバル人材として活躍するには、社会課題に対する意識も必要です。日本ファンドレイジング協会はこのほど、社会貢献の世界標準を理解するための指南書『社会に貢献する Youth Philanthropy in Global Community』を発行しました。本書は3部構成で、まず社会課題を自分事化するワークを行い、読み進めるうちに支援方法の概要から、実際に活動を起こすためのヒントへと理解を進める作りになっています。(日本ファンドレイジング協会プログラムディレクター=大石俊輔)

よく「グローバル人材になるにはどうしたらいのか?」と言われています。外国語の学習も大切ですが、本当にそれだけでしょうか。グローバル人材の中でも「グローバル・リーダー」と呼ばれ、国際社会で尊敬をされている人のほとんどは、単に経済的成功を収めた人ではありません。

彼らは自分のことだけを考えるのではなく、他者が抱える課題も解決しようと真剣に取り組んでいます。例えば、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツは、個人財産約3兆円を使い、夫人と一緒にビル&メリンダ・ゲイツ財団を創設しました。この財団で、途上国の子どもたちの命を奪う病気の撲滅などを行っています。

グローバル・リーダーがこのように社会貢献をするということは、国際社会でも一般的に理解されています。また、様々な社会課題の解決に取り組み、社会変革をリードするプロフェッショナル組織としてNPOが理解され、就職先として選ばれるということも、国際社会ではひとつの潮流になっています。

ページ: 1 2

特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会
日本ファンドレイジング協会は、2009年に日本全国47都道府県から580人の発起人の賛同を受け、善意の資金(寄付から社会的投資まで含みます)10兆円時代の実現を目指して設立されました。民間非営利組織のファンドレイジング(資金集め)に関わる人々と、寄付など社会貢献に関心のある人々のためのNPOとして、認定ファンドレイザー資格制度やファンドレイジング・日本、寄付の教室の運営、寄付白書の発行などに取り組んでいます。

2015年5月22日(金)12:10

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑