農作物・平地林間伐木を利用した雑貨/各種ワークショップを開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

リリース)

世界農業遺産に再チャレンジ!さと・農・まち LIFE ワークショップ開催

世界農業遺産に再チャレンジをする三富新田世界農業遺産推進協議会では、三富新田が持つ農村の多面的機能を都市住民等に知ってもらうワークショップを開催します。江戸時代からつづく伝統的な農法やそれを支える「平地林」の機能・大切さや、新鮮で安心・安全な「みよし野菜」のおいしさ、農業者の「想い」を伝えるワークショップを開催することで、農業とまち(都市住民)、里山とまちを繋ぎ、今後も農法と平地林、農地を維持していくための多様な人々の参加を作りだしていきます。当日は、音楽家の中川賢一氏が平地林の材料で作った楽器等と一緒に演奏を行います。

【日時】平成 27 年 8 月 22 日(土)10:00 16:00
【場所】三芳町立文化会館 ミニホール・展示スペース・スロープ展示

【協力団体】 さんとめの木をいかす展出展者・女性農業者グループ・三芳町協働のまちづくりネットワーク(産業観光グループ・女性グループ)、竹の子エコクラブ・REady-Made

【参加費】入場無料、ただし各工房での体験には費用がかかります。
【参加人数】 200 名程度

【内容】
○さんとめの木をいかす展出展者
・ 三富材を使った小物等作成・展示ワークショップ
○ 女性農業者グループ
・ クラフトテープを使ったコースター作り
○ 産業観光グループ
・ みよしっ子野菜市
○ 女性グループ
・ダンボールオーブンでつくるみよし野菜ピザ
○ 竹の子エコクラブ
・ 里山の楽しみ方写真展
○ REady-Made
・ 三富材を使用したスツール作り
〇中川賢一氏による平地林の材を使った合奏
【先着200名にローズマリーの苗木プレゼント】
【併設】里・農・街 LIFE 展

2015年7月3日(金)10:47

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑