コープみらい、7月13日(月)から「まちのクールオアシス」活動実施

このエントリーをはてなブックマークに追加

リリース)
コープみらい、「まちのクールオアシス」活動実施
埼玉県内の21店舗を熱中症対策のために、一時休息所として地域の方に開放

コープみらい(本部:埼玉県さいたま市、理事長:新井 ちとせ、事業エリア:千葉県・埼玉県・東京都)は、7月13日(月)~8月31日(月)までの期間、埼玉県内の21店舗を一時休息所として地域の方に開放し、熱中症予防のためにご使用いただく「まちのクールオアシス」活動を実施します。

「まちのクールオアシス」は、2011年7月に埼玉県と締結した「包括的連携協定※」事業の一環として、埼玉県と県内企業とで協力して取り組んでいる活動です。イートインスペースのある店舗では塩飴を無料提供し、地域の方々の一時休息所としてご利用いただけます。
※2011年7月、埼玉県と「包括的連携協定」を締結し、地産地消、子育て応援や地域福祉、環境保全、障がい者の自立支援など16分野で埼玉県と連携・協同して取り組んでいます。

◆「まちのクールオアシス」概要
実施期間:7月13日(月)~8月31日(月)
内 容:
・熱中症予防のため、下記21 店舗を一時休息所として地域の方々に開放
・このうち、イートインや休憩スペース併設の18店舗では、塩飴の無料提供サービス実施

対象店舗:埼玉県内の21店舗
<コープ店(3店舗)>
コープ東岩槻店、コープ大宮中川店、コープ早稲田店
<イートイン併設コープ店(18店舗)>
コープ今泉店、コープ二ツ宮店、コープ武蔵藤沢店、
コープ桶川店、コープ春日部店、コープ高階店、
コープ北本店、コープ熊谷店、コープ北越谷店、
コープ上木崎店、コープ浦和東店、コープ南浦和店、
コープ武蔵浦和店、コープ狭山台店、コープ幸町店、
コープ新所沢店、コープ深谷店、コープみずほ台店

≪生活協同組合コープみらい 概要≫
ちばコープ、さいたまコープ、コープとうきょうは組織合同(合併)し、「コープみらい」になりました
【住 所】埼玉県さいたま市南区根岸1-5-5
【理 事 長】新井 ちとせ(あらい ちとせ)
【組合員 数】320 万人(2015 年 6 月 20 日現在)
【総事業 高】3,702 億円(2014 年度)
【事業エリア】千葉県、埼玉県、東京都
【ホームページ】http://mirai.coopnet.or.jp/

2015年7月9日(木)13:57

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑