オルタナ44号(2016年3月30日発売)

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆feature story 1

5年後からの復興支援

宮城県南三陸町、養殖棚がならぶ志津川湾の朝。三陸では若布や牡蠣、銀鮭などの養殖が盛んだが、津波に全てを流された。この5年間、漁師たちの不断の努力で復活した養殖業。3月は若 布の収穫最盛期で浜がもっとも活気付く季節だ。 (写真・福地波宇郎)

宮城県南三陸町、養殖棚がならぶ志津川湾の朝。三陸では若布や牡蠣、銀鮭などの養殖が盛んだが、津波に全てを流された。この5年間、漁師たちの不断の努力で復活した養殖業。3月は若布の収穫最盛期で浜がもっとも活気付く季節だ。 (写真・福地波宇郎)

東日本大震災から5年が経った。多くの企業が被災地に入り、NGO/NPOとの協働で多くの社会的課題解決に取り組んだ。一方で、支援活動が長期化するなかで、支援ニーズも多様になり、再出発を余儀なくされる事例も少なくない。企業やNPOは「傷んだ地域」をどこまで再生できるのか。その成果を待っているのは東北だけではない。

◆企業×NPOの協働、成功へ5つの秘けつ
◆企業×NPO ベスト協働事例
◆農業支援で企業価値高める(キリン)
◆福島産菜の花で農地再生へ(ラッシュ)
◆被災地の教育格差なくす(チャンスフォーチルドレン)

◆映画で知る被災地

◆special issue

持続可能性とブランドの共創探る

サステナブルブランド国際会議2016
世界11都市で開かれている「サステナブル・ブランド国際会議」が2月24日、日本で初めて、株式会社博展の主催で開かれ、300人の定員を上回る聴衆が集まった。「企業と地域とNPOのオープンイノベーション」「B2BのCSRブランディング」「サステナビリティ(持続可能性)はなぜ、ブランドの中核になるのか」など多彩なテーマで討議が続いた。

◆special issue

グリーン電力で企業も持続可能に

電力小売りの全面自由化が目前だ。4月以降、8兆円とも言われる電力市場が開放され、家庭や中小企業でも電力会社を選べる。ガスや通信ほかの「異業種」が、割安な料金をひっさげ参入。これを大手電力が迎え撃つ構図だ。しかし目先の「安さ」だけを追い求める先には、化石燃料や原子力など従来型電源しか選択肢はない。

◆Social Design Gallery
救済の寺院学校

◆art
高橋さとみの切り絵ワールド──復興節2016

◆オルタナ魂
メディアの「社会対応力」とは

◆columns
オルタナティブ経営論 田坂広志
エゴからエコへ 田口ランディ

◆social business around the world
[アジア編/スリランカ]BOP層向け学習塾月390円で学力向上
[北米編/米国]「テスラ」に好敵手 EVレースカー発表
[北米編/米国]絶滅危機の黒檀救え、取引変えたギターメーカー

◆agriculture
農業トピックス 西村ユタカ
日本農業 「常識」と「非常識」の間  徳江倫明

◆forestry
林業トピックス 編集部
「森を守れ」が森を殺す  田中淳夫

◆fishery
漁業トピックス 瀬戸内千代
人と魚の明日のために 井田徹治

◆columns
オルタナティブな空間 馬場正尊

欧州CSR最前線 下田屋 毅

◆alterna S presents
オルタナティブな若者たち
女子大生向けキャリア支援「家族留学」

KIYOの哲学 考察編 南 清貴
健康寿命をいかに延ばすか

エコでヘルシーな食空間 岡村貴子
「グランピング」でリッチな食空間

エシカル・ファッションの旗手たち 生駒芳子
少数民族の儚い世界をリ・デザイン

間違いだらけの自転車選び 山本修二
剛性感が低い「折りたたみ」は買ってはいけない

世界のエコホテル巡礼 せきねきょうこ
負荷を可視化、パリのブティックホテル

オルタナセレクト
東北の色彩美

グリーン経営者フォーラム
北海道/関東

◆flash fiction
「こころざし」の譜 希代準郎
君は「幸福食堂」を覚えているか

読者プレゼント
※発売日にリンク先を公開します。

訂正とお詫び
オルタナ44号p.60ページで、下記の通り、誤記がございましたので、お詫びするとともに、訂正をさせて頂きます。

誤:岩手県亘理町
正:宮城県亘理町

★あなたのご意見・ご感想を本誌に載せてみませんか? 「読者の声」募集中★

定期購読のご注文は富士山マガジンサービスで!

全国書店アマゾンオルタナオンラインショップでも販売しています!

  • 5年後からの復興支援
  • 東日本大震災から5年が経った。多くの企業が被災地に入り、NGO/NPOとの協働で多くの社会的課題解決に取り組んだ。支援活動が長期化するなかで、支援ニーズも多様になり、再出発を余儀なくされる事例も少なくない。企業やNPOは「傷んだ地域」を再生できるのか。その成果を待っているのは東北だけではない。グリーン電力で企業も持続可能にサステナブルブランド国際会議2016報告

2016年3月29日(火)18:44

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑