オルタナ46号(2016年9月29日発売)

このエントリーをはてなブックマークに追加
46_cover_fujisan

「未来の世代が憧れる水産業を目座す」という思いで、フィッシャーマンジャパンを立ち上げた阿部勝太代表理事。1986年、宮城・十三浜生まれの若手漁師だ。震災後、漁業の深刻な状況と後継者不足に奮起し、漁業生産組合「浜人」を設立、六次産業化に取り組む。

◆feature story 1

持続不可能な漁業との決別

クロマグロやウナギの資源枯渇問題が話題になるたびに、日本は常に国際社会からやり玉にあげられる。一方で、日本の漁村は後継者難から崩壊の危機に瀕する。遠洋漁業は「捕り過ぎ」と批判され、沿岸漁業は収入減に苦しむ。日本の漁業が「持続不可能」だとすれば、どう改善できるのか。

 

 

◆クロマグロ、産卵期の禁漁は必須
◆なぜ待てない? 資源の回復に必要な「我慢」
◆違法漁業や人権侵害高まる企業リスク
◆「継ぎたくなる漁業」へ協働
◆ITを武器に漁村を活性化
◆EU、持続可能な漁業へ消費者も貢献

 

◆feature story 2

ビジネスで追及する「真の美しさ」とは

「真の美しさ」とは何か。世界で最もエシカルで持続可能なグローバルビジネスを目指すザ・ボディショップは、ブランド創立40周年を機に新たなコミットメントを宣言し、14の目標を立てた。その一環として、2016年、世界60カ国で生物多様性保全のための「バイオブリッジキャンペーン」を開始。ベトナムの熱帯雨林で、活動の最前線に迫った。

◆award

第2回 住友理工学生小論文アワード
ミレニアル世代が考えるグローバル企業の責任とは

住友理工は6月25日、「第2回住友理工 学生小論文アワード表彰式」を開催した。全国の大学・大学院生から106本の小論文の応募があり、最優秀賞には、パレート効率性を強調した東京大学大学院修士1年の高橋祐人さんが輝いた。式では、ゲストにタレントの春香クリスティーンさんが登壇し、受賞者と「真のグローバル企業」について語り合った。

 

◆Social Design Gallery
閉鎖に追い込まれるダダーブ難民キャンプ

◆art
高橋さとみの切り絵ワールド──海のバランス

◆オルタナ魂
「社会貢献」とCSVはバランス良く

◆columns
オルタナティブ経営論 田坂広志
エゴからエコへ 田口ランディ

◆social business around the world
[欧州編/イギリス]途上国の漁村で「海洋保護革命」
[アジア・オセアニア編/ニュージーランド]ウール製の靴は快適でサステナブル

◆agriculture
農業トピックス 西村ユタカ
日本農業 「常識」と「非常識」の間 徳江倫明

◆forestry
林業トピックス 編集部
「森を守れ」が森を殺す 田中淳夫

◆fishery
漁業トピックス 瀬戸内千代
人と魚の明日のために 井田徹治

◆columns
オルタナティブな空間 馬場正尊
欧州CSR最前線 下田屋毅

◆alterna S presents
オルタナSな若者たち
ギャングを国際リーダーへ

KIYOの哲学 考察編 南清貴
タンパク質から地球温暖化を考える

エコでヘルシーな食空間 岡村貴子
渋谷にコミュニティー・レストラン

エシカル・ファッションの旗手たち 生駒芳子
エシカルをラグジュアリーに進化させる

世界のエコホテル巡礼 せきねきょうこ
キャンティ地方のBIOワインとアグリツーリズモ

間違いだらけの自転車選び 山本修二
2台目に専門的な自転車も

オルタナSELECT
秋のお出かけ、寛ぎタイムにエシカルを

グリーン経営者フォーラム
北海道/中国/四国

◆flash fiction
「こころざし」の譜 希代準郎
イチロー人形

読者プレゼント
※発売日にリンク先を公開します。

★あなたのご意見・ご感想を本誌に載せてみませんか? 「読者の声」募集中★

定期購読のご注文は富士山マガジンサービスで!

全国書店アマゾンオルタナオンラインショップでも販売しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 持続不可能な漁業との決別
  • ビジネスで追及する「真の美しさ」とは
  • クロマグロやウナギの資源枯渇問題が話題になるたびに、日本は常に国際社会からやり玉にあげられる。一方で、日本の漁村は後継者難から崩壊の危機に瀕する。遠洋漁業は「捕り過ぎ」と批判され、沿岸漁業は収入減に苦しむ。日本の漁業が「持続不可能」だとすれば、どう改善できるのか。

2016年6月27日(月)19:24

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑