ユニセフ「乳幼児7千万人が貧困などで命を落とす」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ユニセフ(国連児童基金)は6月28日、『世界子供白書2016』を発表した。白書では、世界が子どもたちの窮状にもっと関心を向けなければ、「持続可能な開発目標の到達年である2030年までに、約7千万人の乳幼児が命を落とし、1億6700万人の子どもたちが貧困下で暮らし、7億5000万人の子どもたちが児童婚をする」と指摘している。(吉田広子)

ナイジェリア・アブジャに住む少年。1990年当時、サブサハラアフリカでは5歳を迎えずに亡くなる割合が高所得国に比べ12倍に上った(C)UNICEF/UN016263/Gilbertson VII

ナイジェリア・アブジャに住む少年。1990年当時、サブサハラアフリカでは5歳を迎えずに亡くなる割合が高所得国に比べ12倍に上った(C)UNICEF/UN016263/Gilbertson VII

ユニセフのアンソニー・レーク事務局長は「何百万人もの子どもたちの人生に公平な機会を提供できないということは、彼ら自身の将来を危うくするだけでなく、世代を超えて繰り返される不利な立場の連鎖の継続に油を注ぐことになる。それは彼らの社会の将来を危うくする」と訴える。

続きはこちらへ

2016年7月13日(水)10:53

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑