才能を生かした雇用を―パソナが障がい者アート出展

このエントリーをはてなブックマークに追加
森田 守さんの作品「早池峰神楽~神舞~」。ペンで色彩豊かに精密に描いている

森田 守さんの作品「早池峰神楽~神舞~」。ペンで色彩豊かに精密に描いている

パソナグループのパソナハートフルは、アーティストとして雇用している障がい者の作品を、Heart Art in TOKYO 2017「第20回エイズチャリティー美術展」に出展している。同社は「アート」による障がい者の雇用機会の拡大を目的に、1992年からアーティストの育成を開始した。今回の出展によって、より多くの人に向けて、障がい者への理解を広める考えだ。美術展は国立新美術館で2月6日まで開催している。(オルタナ編集部=松島 香織)

パソナグループの障がい者雇用率は2%以上だ。2004年から絵を描くことを業務としている「アーティスト社員」を採用し、現在21名の知的障がいのある社員が就労している。レベルの高い作品には、直接オーダーがあるという。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年2月1日(水)23:43

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑