フランス大統領選の主要候補6人全員が「有機農業推進」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月8日パリ19区のユースホステル内の講演会場にて。左2人目から、ルペン候補のフィリップ・ミュレール代理人、フィヨン候補のギイ・ヴァスール代理人、マクロン候補のコリーヌ・ルパージュ代理人、アモン候補のフィリップ・マルタン代理人、メランション候補のロラン・ルヴァール代理人、ジャド候補。

フランス大統領選挙の主要候補者6人が「有機農業の推進」を表明し、話題を集めている。共和党、社会党、左派の「不服従のフランス」、中道の「アン・マルシュ」、緑の党、さらには極右の「国民戦線」が有機農業連盟(FNAB)の会合に参加し、表明した。FNABは5月の大統領選挙後、「フランスを欧州一の有機農業国にする」ことを次期政権に要求し、これを受け入れたかたちだ。(羽生 のり子)

FNABは、大統領選にむけて、主要候補者に有機農業についての意見を問う公開意見発表会を2月8日に開いた。有機の流通・加工業者の組合「シナビオ」と「フランス農協」の有機部門が共催した。

有機市場は、2016年の売上が約70億ユーロ(約8兆700億円)、2016年上半期は前年同期比で20%増と未曽有の成長ぶりを見せている。転換1年目の有機面積は2016年上半期だけで前年末に比べ40%増えた。また国産品が75%を占めるようになった。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年3月17日(金)13:47

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑