イケア・ジャパン社長、「電気は価値観で選ぶもの」

このエントリーをはてなブックマークに追加

右からヘレン・フォン・ライス社長、小出浩平社長、三宅成也取締役、司会を務めた吉田明子チームリーダー

電力自由化から1年が経つが、電力を切り替えた消費者はわずか3%ほどだ。電力をコストとみなす企業は多く、自然エネルギーを選ぶために乗り越えるべきハードルは高い。そんな中、2020年までに全店舗の電力を自然エネルギーに切り替えると宣言しているイケア・ジャパンのヘレン・フォン・ライス社長は、「電気はコストではなく、価値観で選んだ。価値でつながることは、コストを抑えることよりももっと大切」と訴える。(オルタナ編集部=池田 真隆)

3月9日、サステナビリティと経営の統合を考えるサステナブル・ブランド国際会議2017東京で、「RE(自然エネルギー)100企業は日本で増えるか?」と題したセッションが行われた。

登壇したのは、イケア・ジャパンのライス社長とワタミファーム&エナジーの小出浩平社長、みんな電力(東京・世田谷)の三宅成也取締役だ。司会は、国際環境NGO FoE Japanで「パワーシフト・キャンペーン」を担当する吉田明子 気候変動・エネルギーチーム チームリーダーが務めた。

「RE100」とは、事業運営を100%自然エネルギーで調達することを目指す国際イニシアチブだ。現在、ネスレやナイキ、アディダスなど世界で87社が加盟している(2017年1月31日時点)が、日本で加盟している企業は無い。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年3月28日(火)22:33

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑