熊本弁おしゃべり自販機で復興支援―ダイドードリンコ

このエントリーをはてなブックマークに追加

益城町の小学生が手書きした「熊本がんばっけんベンダー」

ダイドードリンコは、自動販売機を通じて熊本地震の復興支援をしている。熊本放送とコラボし、熊本弁で元気におしゃべりする自販機「熊本がんばっけんベンダー」を開発した。金銭投入時や商品選択ボタン押下時に「飲んで元気ばだしていくバーイ!」などとおしゃべりする。4月10日現在、自販機は熊本県内に200台設置、年度内に設置台数600台を目指す。(オルタナ編集部=松島 香織)

「熊本がんばっけんベンダー」は、2016年10月から熊本放送と始めたコラボ企画「がんばっけん!くまもと元気にプロジェクト」の取り組みのひとつだ。一部の自販機には、「愛する熊本」をテーマに地元の人が描いたイラストをラッピングしている。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年4月10日(月)21:50

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑