自立したいシングルマザーを応援、企業が団体設立

このエントリーをはてなブックマークに追加

ママスクエアの藤代代表取締役と龍円愛梨さん。ロゴマークは、シングルマザーに対する賞賛の花束のイメージで作られた(4月22日、六本木ヒルズサテライトママスクエアにて)

ライフネット生命やリクルートキャリアが支援し、ママスクエア(東京・港区)は、シングルマザーと子どもを支援する「一般社団法人シングルママこども支援会『ママユナイテッド』」を設立した。離婚後の心身ともに辛い時期を短くし、早く新生活を始められるよう支援する。会員登録制のウェブサイトからは、無料の法律相談やカウンセリングを受けられるほか、保育施設を併設したコミュニティスペースを利用できる。(オルタナ編集部=松島 香織)

4月22日、東京六本木ヒルズのサテライトママスクエアで、設立のお披露目パーティーが開催され、子どもを連れたシングルマザーや、シングルマザーを支援したいと考えている女性らが参加した。

離婚を決めてから新生活に入るまで、3つの壁があるとママスクエアの藤代聡代表取締役は説明する。一つ目は法律相談で、弁護士探しをする必要があり、相談料が高額であったりする。二つ目は自立するための就職活動だ。三つめは住居の問題で、収入があっても「シングルマザー」という理由だけで、断られるケースが多いという。

主婦は就職活動をしても面接前に落とされることが多く、就職したらチャンスをもらったという使命感や、子どもを育てなくてはいけないという強い責任感がある。コミュニケーション能力が高く、仕事の意識がとても高いので、採用したいという企業は、実は多いという。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年4月28日(金)8:24

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑