SB国際会議2017デトロイト ハイライト(3)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Raphael Bemporad, Erica Parker, Jonathan Atwood Images credit: Albert Chau/Sustainable Brands

Sustainablebrands.comから翻訳・転載] 消費者と「グッド・ライフ」――今、ブランドに求められること

サステナブル・ブランド国際会議2017デトロイトのブレイクアウトセッションには、ブランド戦略を手掛けるBBMG社のラファエル・ベンポラッド氏が登壇した。同氏は、消費者の考え方が変化してきていると指摘。消費者は、自らの需要を満たしつつも、害を及ぼさず、社会や地球といった大きなものとのつながりを生み出してくれる企業に関心を持っているというのだ。(翻訳:寺町 幸枝)

この変化の背景には、米国の現政権が掲げる将来像に人々が疑問を抱いていることがある。人々は、政府の代わりに「グッド・ライフ」を定義し、さらに進化させてくれる企業を求めているのだ。

しかし、中立の立場が存在しないこの二極化した時代に、企業はどのように消費者や将来の従業員に対してブランドの魅力を知って貰うことができるのだろうか。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年7月6日(木)23:46

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑