従業員こそがパーパス浸透のキーパーソン

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainablebrands.comから転載]

企業やビジネスリーダーが、時代に求められる「パーパス革命」を成功させるためには、企業文化をどのように変革すれば良いのでしょうかーー。今回は、それを紹介するシリーズの4本目の記事です。(翻訳:梅原 洋陽)

サステナビリティを企業理念の根幹に取り入れる企業「サステナブル・ブランド」にとって幸運なことは、消費者が好感を持てる企業から商品を購入したいと考える傾向にあることです。世界的に見て、80%の消費者は「ソーシャル・グッド」な企業から商品を購入したいと答え、そして34%はそうした企業には定期的に報いたいと考えています。一方で、悪影響を与える企業に対しては、あえて無視したり罰したりもします。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2018年3月26日(月)18:05

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑