「オルタナ式英単語術」(4) dip,spat,feud

オルタナ式英単語術 (相島淑美)
関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科(MBA)常勤講師
このエントリーをはてなブックマークに追加

11月の「英単語」は、アメリカ中間選挙関連からです。

1)dip
dipは野菜などの「ディップ」でおなじみですね。「ちょっと浸す」という意味合いですが、時事ニュースに登場するときは「(数字が)落ちる、下がる」という意味で用いられます。

Dollar dips after midterm election splits power in US Congress
(11月6日)
 中間選挙で議会の分裂、ドル下落。   
https://www.cnbc.com/2018/11/07/forex-markets-dollar-us-midterm-elections-in-focus.html

この英文では、似たような意味を持つdip (take a dip) と sink が並んでいますが、sinkは「じりじりと下がる」イメージがあります。

名詞でも同じような意味です。
The price of oil takes a dip, shares in Bombardier sink
(11月8日)
 原油価格が下落、ボンバルディア株も低落。
https://www.citynews1130.com/video/2018/11/08/the-price-of-oil-takes-a-dip-shares-in-bombardier-sink/
dipという単語を用いることで「求人数はちょっと減ったが、たいしたことはない」ニュアンスを持たせています。意味内容は同じでも、単語によって印象が変わることに注目しましょう。

2)spat
Trump-Acosta spat leads to reporter being barred from WH
(11月8日)
 トランプ対CNNアコスタ記者のいざこざ、ホワイトハウス入庁許可証を無効に。
https://onenewsnow.com/media/2018/11/08/trump-acosta-spat-leads-to-reporter-being-barred-from-wh
barは「出入りを禁じる、除外する」。「横木」が語源です。法廷のことをbarといいますが、これも同じ語源から。ちなみにいわゆる「バー」(酒場)も同じ「横木」からきています。

spatは外交(摩擦)の文脈で用いられることも多いです。
Abe to bring business leaders to Beijing amid US trade spat
(11月21日)
 米中貿易摩擦のさなか、安倍首相が企業トップ同行させ訪中へ
https://www.seattletimes.com/business/abe-to-bring-business-leaders-to-beijing-amid-us-trade-spat/

Walmart sues Synchrony for $800M in a nasty breakup spat
(11月3日)
ウォルマート、契約違反を理由にシンクロニーを提訴。8億ドルの支払いを求める
両社は契約延長交渉が決裂してもめていますが、nasty breakup spatという表現から、泥沼なイメージが伝わります。
https://www.bizjournals.com/newyork/news/2018/11/02/walmart-sues-synchrony-for-800m-in-a-nasty-breakup.html

ページ: 1 2

オルタナ式英単語術 (相島淑美)
関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科(MBA)常勤講師
上智大学外国語学部(英語)卒、日本経済新聞記者、大学教員をへて現在翻訳家。鈴木淑美名義でJFK伝記など20数冊の訳書がある。 一般社団法人翻訳・文章力普及協会代表理事。翻訳スクールで指導に当たっている。慶應義塾大学文学部修士(英文学)。MBA(関西学院大学)

2018年11月12日(月)19:16

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑