「オルタナ式英単語術」(8) bail,nix,nod

オルタナ式英単語術 (相島淑美)
神戸学院大学経営学部准教授

3) nod
上の「2」と逆に、「承認(する)、同意(する)、会釈(する)」のnodを紹介しましょう。

Oregon’s Merkley won’t seek 2020 presidential nod(3月5日)
民主党マークリー上院議員(オレゴン州)、2020年大統領選候補者指名争いへの出馬を見送り
http://www.news-gazette.com/news/2019-03-05/oregons-merkley-wont-seek-2020-presidential-nod.html

nodは「承認」の意味で用いられています。民主党候補者として指名される、ということですね。

最近話題になった、あのニュースの見出しにもnodが登場していました。
Kim Jong Un’s train journey to Trump summit is a nod to his grandfather(2月26日)
金正恩、米朝首脳会談へ 列車の旅で祖父(金日成)へ敬意を示す
https://www.nbcnews.com/news/world/kim-jong-un-s-train-journey-trump-summit-nod-his-n976076

このnod は「会釈」から考えると分かりやすいでしょう。記事では、「飛行機であれば4時間で済むところをなぜわざわざ2日半かけて列車を選んだのか。以前、金日成主席がおこなった列車の旅を再現してみせ、国民の記憶をよみがえらせようとしたのだろう」と述べています。

Nodには「うとうとする、舟をこぐ」という意味もあります。春は行事が盛りだくさんで楽しめる反面、眠くなりがち。誰ですか、画面の前でこっくりこっくりしている人は・・・(笑)

では、また来月!

 

ページ: 1 2 3

オルタナ式英単語術 (相島淑美)
神戸学院大学経営学部准教授
日本経済新聞記者、清泉女子大学英文学科教員を経て現職。翻訳家。鈴木淑美名義でJFK伝記など20数冊の訳書がある。 博士(先端マネジメント、関西学院大学)、MBA(関西学院大学)、修士(文学、慶應義塾大学)。文化・文学の視点から日本のマーケティング、SDGs、エシカル消費について研究している。

2019年3月12日(火)12:47

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑