G20、メディアセンターでプラ削減の取り組み続々

このエントリーをはてなブックマークに追加

G20大阪サミットの会場となったインテックス大阪

20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が6月28、29日にインテックス大阪(大阪市)で開かれた。会場には、24時間態勢の国際メディアセンターが開設され、国内外から約6000人のジャーナリストが集まった。事前に使い捨てプラスチック製品の持ち込みを控えるように案内があるなど、環境に配慮した工夫が目立った。(オルタナ副編集長=吉田広子)

各所に設置された給水器。マイボトルに給水する人が多く見られた

事前に配布されたガイドブックには、G20開催期間中、ペットボトル、バッグ、ストロー、マドラーなど使い捨てプラスチック製品の提供を控えることが日本語と英語で明記されていた。会場内への持ち込みを控えるようにという案内もあった。

会場には、大阪の食を楽しめるメインダイニングとは別に軽食コーナーを設置。おにぎりやサンドウィッチ、クッキーなどが用意された。飲み物は給水器が各所に設置されたほか、コーラやお茶、コーヒーなど缶入り飲料が提供された。

ストローを使わず、缶入りのまま飲む人がほとんどだったが、木製ストローと紙ストローをお土産に持ち帰る人も多かった。シンガポールの記者は「使い捨てプラスチックを使わないなど、大阪は環境意識が高いと感じた」と印象を語った。

会場に開設された24時間態勢の国際メディアセンター。世界各国のジャーナリストが集まった

会場内のモニターで中継が始まると、一斉に記者らが集まる

共有ワーキングスペースに設けられた軽食コーナー

紙皿と木製フォーク

食物アレルギーや宗教上の理由で食べられないものが一目で分かる「食材ピクトグラム(絵文字)」を表示

プラスチックおもちゃをリサイクルしたマクドナルドのトレイ

コーラ、オレンジジュース、お茶、コーヒーなど缶入りの飲料

会場で配られた缶入りの水素水

木製と紙製のストロー

メインダイニングで提供された日本酒は、紙コップと木の桝入り

ごみ箱の分別も進める

2019年6月30日(日)13:56

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑