土の奇跡(田口 ランディ)

■オルタナ本誌59号「エゴからエコへ」から

社会変革ファシリテーターのボブ・スティルガー氏と共に福島を旅する「福島ラーニングジャーニー」に参加してきた。台風の爪痕が残る河川敷、田畑を見ながら福島市、大熊町、二本松市と移動。現地に暮らす方たちのお話を聞く有意義な時を得た。

二本松市東和地区ではNPO法人「ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会・遊雲の里ファー厶」主宰の菅野正寿さんの田んぼを見学させてもらった。

福島第一原発事故後、放射能の風評被害による農家への打撃は甚大。「ゆうきの里東和」は震災後いち早く日本有機農業学会との協同により「放射能の見える化」に取り組んできた。放射線を怖れていても未来はない。

現実をしっかり見つめよう、菅野さんはそう決意したそうだ。

*この続きは雑誌「オルタナ」59号(第一特集「動物福祉(アニマルウェルフェア)のリスクと機会」、12月17日発売)に掲載しています。

2020年2月4日(火)11:03

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑