セクハラ疑惑「なかったことにしていいのか」と社員

今年3月初旬、大手アパレル企業ストライプインターナショナルの創業者・石川康晴社長(当時)が社員へのセクシャルハラスメント疑惑で辞任した。新型コロナでそんな話題も世間が忘れかけていた5月1日、ある中堅社員がフェイスブックで心境を明かした。「声を上げていい、なかったことにしたくない」という彼女のメッセージは多くの人にシェアされて話題を集めている。真意を聞いた。(オルタナS編集長=池田 真隆)

インタビューを受ける二宮さん

「なかったことにしたくない」

「こんばんは。いかがお過ごしでしょうか」――筆者のフェイスブックに二宮朋子さんからメッセージが届いた。5月1日の夜11時を過ぎた頃だ。二宮さんはストライプインターナショナルでダイバーシティやSDGsの取り組みの責任者を務めており、たびたび取材でお世話になっていた。

メッセージにはこう書かれていた。「ストライプインターナショナル創業者のハラスメント報道からまもなく2カ月。新型コロナウィルス感染症の影響もあり、後追い記事やネットの書き込みもめっきり減りました。けれども、世の中の混乱に乗じて、『なかったこと』にしてしまっていいものか。SDGsやダイバーシティを担当してきた者として『知らん顔』し続けたくない、という想いで、記事を作成しました」。

そして、「現役社員としての発信は結構、勇気がいりました」と結ばれていた。筆者はすぐに二宮さんが作成した記事を読んだ。

ページ: 1 2 3 4 5 6

2020年5月4日(月)19:13

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑