サーモスが初のカフェ事業、マイボトルに量り売りで

魔法びん製造大手のサーモスは、マイボトルに量り売りで飲料を購入できるテイクアウト専門のコーヒーショップを開店した。顧客は持参した容器に100ミリリットル単位で飲みたい量だけ購入。月ぎめの定額制もある。6月29日の西新橋スクエア店(東京・港)に続き、7月10日にOOTEMORI店(東京・千代田)を開店する。同社初のカフェ事業を通じ、保温性に優れた製品を活用した環境配慮型のライフスタイルを提案することを目指す。(堀理雄)

「THERMOS COFFEE TO GO」西新橋スクエア店(東京・港)

コーヒーショップ「THERMOS COFFEE TO GO」では、各種コーヒーや紅茶、カフェオレ、ジュースなどの飲料を量り売りで提供。100ミリリットル当たり150円~で、200ミリリットルから注文可能だ。店内に座席は設けず、テイクアウト専門で販売する。

基本的にマイボトルの使用を推奨し、自ら容器を持参するか店内で保温性に優れた同社製のタンブラーも購入できる。テイクアウト用のカップは有料(50円)で提供。森林保護に配慮した認証材を使用したカップで、1つにつき20円が環境NGOを通じ自然保護活動に使われる。

月ぎめのサブスクリプション(定額)サービスでは、コーヒーなどの飲料を何杯でも注文できるプラン(毎月4500円~)、1日1回まで注文できるプラン(同3500円~)などを用意している。

サーモスは二重構造の魔法びん技術により、保温性の高い水筒や調理器具、弁当箱などを開発してきた。マイボトルの利用を促進する今回のカフェ事業について、同社ブランド戦略室ブランド戦略課の簑島久男マネージャーは、「身近な日々の生活を豊かにするサービスを提供するなかで、少しでも環境や社会に配慮したライフスタイルに貢献できれば」と話している。

2020年7月6日(月)13:29

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑