花王の「たかがシール。されどシール」戦略

森 摂
オルタナ編集長

皆さんもコンビニや薬局の店頭で、シャンプーなどのボトル容器の最上部に貼られたシールを見たことがあると思います。業界では「アイキャッチシール」と呼ばれ、30年以上前から使われてきました。そのシールを花王が全廃するというのです。(オルタナ編集長・森 摂)

「小さいことだけど、シールは要らないよね」

アイキャッチシールは店頭で目立ち、商品を選びやすくするためのマーケティングツールです。5センチ角くらいの小さくて薄いプラスチック製ですが、買った後は捨てるだけ。花王では全商品アイテムのうち3割くらいに貼っていたそうです。

それを2021年末までに全廃することになったきっかけは、澤田道隆社長の一言でした。「小さいことだけど、シールは要らないよね」。

花王はアイキャッチシール(写真上)を廃止し、その情報を本体に表示した。

同社は2018年10月に「私たちのプラスチック包装容器宣言」を出しました。その骨子は下記の通りです。

「プラスチック包装容器は汎用性、柔軟性をもつことから、花王製品において重要な役割を果たしています。一方で、プラスチックの過度な使用は地球環境への影響が懸念されるため、花王にとっても、また生活者にとっても解決すべ共通の課題となっています」

具体的には、Reduce(減らす) Replace(置き換える)、Reuse(再利用する) 、Recyle(リサイクルする)の「4R」を打ち出し、プラスチックごみの削減を目指すと宣言しました。

この宣言をしたころ、澤田社長の一言がありました。もちろんアイキャッチシールは、大事なマーケティングツールなので、事業部門からは喧々囂々(けんけんごうごう)があったそうです。消費者に情報が伝えるために代替方法も見つけなければならず、「すぐにはできない」という意見も出ました。
「だったら勇気をもってやろう」

ページ: 1 2 3

森 摂
オルタナ編集長
東京外国語大学スペイン語学科卒、日本経済新聞社入社、編集局勤務。1987年、環境庁担当として、国連ブルントラント委員会の東京会議・東京宣言「持続的な開発に向けて」を取材、日本初の「サステナビリティ」記事に。1998~2001年日本経済新聞ロサンゼルス支局長、2002年退社。NPO法人ユナイテッド・フィーチャー・プレス(現・在外ジャーナリスト協会)設立。現在も理事長。2006年、株式会社オルタナ設立。2007年3月、環境とCSRと「志」のビジネス情報誌「オルタナ」創刊、編集長に就任、現在に至る。

2020年9月2日(水)0:58

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑