斑目氏「一次評価だけでは不十分」――再稼働に影響か

このエントリーをはてなブックマークに追加

斑目春樹氏

内閣府原子力安全委員会の斑目春樹委員長は20日の記者会見で、原子力発電所のストレステスト(耐性検査)について「総合的安全評価は、一次評価と二次評価でセットだと理解している」と語り、同委員会としては一次評価だけで安全評価できないとの考えを明らかにした。

原子力発電所の再稼働の是非をめぐっては、ストレステストの審査結果を踏まえた上で原発立地先の自治体が了承し、政府が最終判断を下す。今回、同委員会が「一次評価だけでは不十分」との見解を示したことで、自治体の判断に影響が出ることも予想される。

細野豪志原発事故担当相は21日の閣議後会見で、再稼働について「福島を襲った規模の津波や地震でも、炉心損傷に至らない安全の余裕が確保されているかが国民の最大の関心事。それを見極めた上で、地元の理解も含めて判断したい」と語った。しかし東京電力福島第一原発事故は収束や原因究明には程遠いのが実態で、他の原子炉の早期の再稼働の目途は立たない状況だ。(オルタナ編集部=斉藤円華)2012年2月21日

原子力安全委員会 会見記録

2012年2月21日(火)15:19

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑