キリン、「午後の紅茶」の産地に恩返し

キリンホールディングスのグループ環境担当の藤原さんは「今回の取り組みは、自然の恵みを利用するキリングループが使用している原材料の生態系への影響を低減させるための取り組みですが、対象になる紅茶園にとってはレインフォレスト・アライアンス認証を取得することで、環境に優しい商品として価値を付け、適正な価格で販売できることにもつながる」と話す。

「今後も、双方に大きなメリットがある取り組みを模索しながら、大切な生態系の保全に貢献していきたい」と続けた。「わたしたちは、『食と健康』の領域で事業を営む企業グループとして、今回の支援をはじめ、豊かな地球の恵みを将来にわたって享受し引き継ぎたいという想いを、バリューチェーンにかかわるすべての人々と共につないでいく」と語る。(オルタナ編集部=副島久仁彦)

ページ: 1 2 3

2013年3月7日(木)11:30

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑