ユナイテッド航空、マイルを使用した環境保全活動への貢献を可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースリリース)
ユナイテッド航空、 全米初、マイレージ会員によるマイルを使用した環境保全活動への貢献を可能に -『カーボン・オフセット・プログラム』にマイレージ交換方式を導入-

ユナイテッド航空(本社:シカゴ、会長、社長兼最高経営責任者:ジェフ・スマイゼック)は、このほど “アース・マンス(Earth Month)”である4月を祝し、同社のマイレージプログラム「マイレージプラス」会員が自身のマイルを使って環境保全活動に参加することを可能とし、同社の環境保全活動『カーボン・オフセット・プログラム』をさらに強化したと発表しました。

これまで『カーボン・オフセット・プログラム』では、同社の旅客がユナイテッド航空を利用した際、同社のウェブサイト上で自身が利用するフライトや貨物輸送による炭素排出量を計算し、カーボンオフセットまたは温室効果ガス排出の削減量に相当するユニットの購入により相殺を可能にしていましたが、今回のマイレージの交換方式の導入により自身のマイルでの排出炭素の相殺も可能にしました。

この新しい『カーボン・オフセット・マイレージ交換プログラム』は、米系航空会社として初めてユナイテッド航空が導入するもので、マイレージプラス会員は、再生可能な風力発電と森林保全に貢献するプロジェクトを、自身のマイルと交換することで簡単に支援することができます。希望する会員はunited.comで予約した際、炭素排出の相殺を選択し、ユナイテッド航空のエコスカイズ・プログラムのパートナーの中からマイルを寄付したい相手先を選択します。

ユナイテッド航空は革新的なカーボン・オフセット・ソリューションズにおけるグローバル・リーダーとして、昨年末には米系航空会社の中で初めて貨物輸送向けの炭素排出量計算の提供を開始しました。同社のカーボン・オフセット・ソリューションズは、目的地、ビジネス、旅客に、革新的かつ持続可能なツーリズムと環境保全ソリューションを提供する有力な国際的非政府機関であるサステイナブル・トラベルインターナショナル(STI)と共同で開発されたものです。

ユナイテッド航空の『カーボン・オフセット・マイレージ交換プログラム』の詳細については、以下のリンクをご覧下さい。
(英語:www.united.com/offset-miles

ユナイテッド航空は、環境保全活動において意欲的、かつ最先端のイニシアチブとプログラムを確立し、リーダーシップを発揮しています。ユナイテッド航空の環境保全活動における成果は以下の通りです。

  • 2013 年、環境保全への取り組みにおけるリーダーシップに対して、米「エア・トランスポート・ワールド」誌(ATW)のエコ・エビエーション部門において「エコ・エアライン・オブ・ザ・イヤー2013」金賞を受賞しました。
  • 環境に優しい新 InCycle®断熱カップは、最大 50%がリサイクル素材で作られており、現在同社の空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」および機内で使用されています。
  • 2014 年、世界の航空会社の中で初めて、スプリット・シミター・ウイングレット(主翼端翼)を装着した航空機の運航を開始しました。この新型ウイングレットは、従来型と比較し燃料消費を最大 2%削減することが可能です。
  • 1994 年以来、同社は 33%の燃料効率の改善を達成しました。
  • 2013 年、燃料効率向上イニシアチブにより二酸化炭素排出量を 92 万 5,000 トン超、燃料消費量を 9,500 万ガロン超削減し、燃料消費 8,500 万ガロン削減という当初の目標を上回りました。
  • 従来機と比較し燃料効率が 15-20%優れたボーイング社とエアバス社の最新型航空機の発注数を増やし、現在、燃料効率に優れた新型機の総発注数は 260 機超に上ります。
  • 同社は代替燃料の開発と採用におけるリーダーとして、AltAir Fuels と提携して商業ベースでコスト競争力のある先進の航空用バイオ燃料を、今年中に同社のハブ空港のひとつであるロサンゼルス国際空港発のフライトで使用する予定で、民間航空の歴史にその名を刻みます。
  • 2006 年以来、同社は約 1,066 万 kg 超のアルミ缶、紙、プラスチック類をリサイクルしています。
  • 2012 年、同社社員が地域社会の環境団体へボランティア活動を行う支援をするためエコスカイズ・コミュニティ助成金プログラムを開始。これまでに同社が環境団体に拠出した寄付金は総額 10 万ドル近くに上ります。
  • ユナイテッド航空の環境への取り組みの詳細はこちら
    (英語:www.united.com/ecoskies)。

    ユナイテッド航空について

    ユナイテッド航空は、ユナイテッド・エクスプレスとともに、世界 6 大陸 360 以上の空港へ毎日平均 5,300 便超のフライトを運航しています。2013 年、ユナイテッド航空は約 200 万便のフライトで、延べ 1 億 3,900 万人の旅客を輸送し、その輸送量は世界の航空会社の中で最大となりました。

    ユナイテッド航空は、さらに“フライヤーフレンドリー(旅客に優しい)”な空の旅を提供しており、そのファーストクラスとビジネスクラスにおけるフラットベッドシート数と、エコノミークラスにおける足元の広いエクストラレッグルームシート数では北米航空会社の中でトップを誇ります。

    2013 年、ユナイテッド航空は、米国で国際線を運航する航空会社の中で初めて、長距離国際路線を含む路線において衛星利用のWi-Fi サービスを開始しました。また、200 機超の機材に DIRECTV®を搭載し、機内でリアルタイムにお楽しみいただけるテレビ放送へのアクセスをより多く提供しており、その搭載機数は世界の航空会社の中で最多です。

    ユナイテッド航空は約 700 機に上る主要路線用の機材を運航。2014年中には 35 機のボーイング社製新機材の受領を予定しており、ユナイテッド・エクスプレスでは 28 機のリージョナルジェット機 E175 を受領予定です。また、ユナイテッド航空は米「ビジネストラベラー」誌において 2013 年度の北米最優秀航空会社に選ばれ、米「グローバルトラベラー」誌の読者投票においても、同社のマイレージプラスが 10 年連続で最優秀マイレージプログラムに選出されました。

    加えて、米「エア・トランスポート・ワールド」誌(ATW)のエコアビエーション部門において「エコ・エアライン・オブ・ザ・イヤー2013」金賞を受賞しました。ユナイテッド航空は、スターアライアンスの創設メンバーであり、現在、加盟航空会社 26社とともに、世界 195 ヵ国で運航しています。

    ユナイテッド航空の 85,000 人を超える社員は米国の全州と世界中の国々に在住しています。ユナイテッド航空についての詳しい情報は united.com をご参照、またはツイッター、フェイスブックをフォローしてください。ユナイテッド航空の親会社であるユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス・インクは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に UAL のシンボルで上場しています。

    この件に関するお問い合わせ先:
    ヒル アンド ノウルトン ジャパン (ユナイテッド航空 広報代理) 電話 03-4520-5829・5800 本宮 / 早川
    ユナイテッド航空 アジア・太平洋地区広報部 電話 03-6732-5222・5250 永田 浩二

    2014年4月25日(金)10:25

    alternaショップ
    ページの先頭に戻る↑